調教師の仕事について知ろう

調教師とは競走馬の飼育や調教することを専門とした資格や職業の事を指します。日本においてこの資格をとるためには日本中央競馬会もしくは地方競馬全国協会から免許を取得する必要があります。この資格は非常に難しく中央競馬の場合、年間で7、8人の合格者しかだしていません。しかしながら、この仕事に就くこと自体はバイトでも大丈夫なのです。そこから資格を目指す方も少なくありません。また、この仕事は定年の年齢が決まっていないため、非常に長く働き続ける事ができます。他にも、騎手を経験して、引退してからこの仕事を目指す方も非常に多いのが特徴です。競走馬の管理が主な仕事になるため、馬の事をよく知っていることが非常に役立つのです。このことからこの仕事に就くためには大きく分けて3種類の方法があることが分かります。1つ目が初めに資格を目指す方法です。2つ目がお手伝いから初めて仕事をよく知る方法です。3つ目が騎手になって馬の事を知ってからこの仕事に就く方法です。どの方法が1番いいかは一概には言えないため、自分にあった目指し方を探す必要があります。